qrcode.png
http://tyutofukushikai.com/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 中東福祉会
〒959-1865
新潟県五泉市本町6-7-7
TEL:0250-47-4500
FAX:0250-43-3390
109379
 

ブログ

 

うずらはし園長ブログ

うずらはし園長ブログ
フォーム
 
無病息災を祈って
2020-01-14
 今年の正月は雪も無く、穏やかに新年を迎えることができました。今年は子年、干支は庚子ということで、子年の中でも良い年との事。うずらはしにとっても良い年でありますように。
 
ということで、1/10は橋田地域の小正月の行事、さいの神に入居者さんと一緒に行ってきました。
藁やかやなどで大きなさいのかみを作り、そこに門松などの正月飾りやお守りなどを入れて一緒に燃やして、豊作や無病息災を祈ります。中山神社の宮司さんの祝詞の後、玉ぐし奉納、火入れです。
毎年参加している地域の方からは、「今年の火はとても良い火で、良い燃え方をしている。」との話を聞きました。毎年違うのだそうです。
新潟の冬とは思えないような晴天の中、「無病息災」を願って、うずらはしの正月飾りや絵馬を燃やしてきました。最後に残り火であぶったスルメも美味しかったです。
「さいのかみの心棒が倒れた方角にある家では、赤ん坊が生まれるんだよ。今年は西四ツ屋だね。」(これは一緒に行った入居者さんから聞きました)
最近ではあまり見なくなった小正月の行事ですが、参加できて良かったです。橋田地域の皆様、お疲れさまでした。
 
 
高齢事業部施設対抗ボウリング大会
2019-11-28
 11/15に高齢事業部恒例の施設対抗ボウリング大会が開催されました。
この大会も、はや第4回を迎え、年々幹事施設が趣向を凝らして大会運営をしてくれます。今年の幹事は菅名の里。
ゲーム開始前のラジオ体操や園長、主任による実況中継など、例年にも増して大盛り上がりの大会でした。
どの施設も園長からの「優勝」プレッシャーがあったのでは、、、と予想されますが、チーム優勝は、「中央デイサービス」!!4人のうち、60歳オーバーが3人というチーム。さすが、ボウリング世代です。
さて、我がうずらはしは、、、
誤算は、仮装賞が今年は無かったということでしょうか。攻めたんですがね。
特養チームのテーマは流行りに乗っかり、「ラグビー」!(^^)! リーチ選手もいます。和気あいあい度は断トツ。
デイサービスチームは、いわく「インスタ映え」だそうです( ´艸`) 誰がだれやら・・・そもそも投げられるのか・・・
そして、うずらはしナンバーワンは、全体の女性部門のベストスコアをたたき出した、Aケアワーカーです。頑張りました。
デイのS係長チームも惜しくも4位でした。来年は優勝狙えそうですね。みなさんお疲れさまでした。
右端の写真に可愛いドラえもん、ジャイ子、ジャイアン、のび太が隠れています。よかったら、探してください(;^ω^) 
 
園内研修~認知症ケアから考える自立支援~
2019-11-14
 11/13は、新潟医療福祉カレッジの先生を講師にお迎えしての園内研修でした。
今回は、市内障がい施設と法人内の他高齢施設から合わせて11名の参加があり、総勢46名の参加者でした。
頭を柔らかくするグループワークから始まった研修は、講師の先生の優しく丁寧な講義を聞いているうちに1時間があっという間に終了。
「認知症」であっても相手の想いを受け止めることの大切さ、その日一日を「いい感情」を残して終わる為に、どう接したらいいのか・・・
基本を振り返ることができ、とても良い研修でした。
研修の最後には、グループで「明日からできる取り組み」をお互いに発表しあい、あちこちから拍手が聞こえてきました。
元気をもらいました。また明日から頑張っていきましょう。
 
いざという時に備えて
2019-10-24
 10/11、うずらはし特養で地域合同防災訓練を実施しました。
夜間に特養新館から出火したという想定です。本番さながらに緊張した雰囲気の中、地域の皆さんの協力で無事に全員避難終了!終了後に行われた反省会では、貴重なご意見もたくさんいただきました。
課題も多く見つかりました。今後の避難計画に生かしていきたいと思います。
 
 
 
日々の取り組みを発表
2019-09-26
 去る9/10~11、糸魚川市を開催地として第24回新潟県老人福祉施設研究大会が行われました。
今回のテーマは、「新時代『令和』につなぐ~介護イノベーションと忘れない福祉の心~」
女優倍賞千恵子さんの記念講演や、5つの分科会に分かれての取り組み発表が行われ、うずらはしからもデイサービスでの活動をまとめた「在宅生活継続に向けたデイサービスの取り組み」を発表させていただきました。
発表者は、デイサービスTケアワーカー。笑顔で写真に写っていますが、このまま倒れてしまうのではないかと心配するくらいの緊張感の中での発表スタートでした。
結果オーライ!!温かみのある良い発表で、母親の気持ちで見守っていた私も、ほっとして涙がでそうでした。頑張りましたね。
研究大会に一緒に参加したのは、勤続15年以上の表彰者、Mケアワーカー、Kケアワーカー、Tケアワーカーの3人。お疲れ様でした!
また、中央デイと帛の郷からも2人が一緒に同行。糸魚川までの7人の小旅行、楽しかったです。お世話になりました!
<<社会福祉法人 中東福祉会>> 〒959-1865 新潟県五泉市本町6-7-7 TEL:0250-47-4500 FAX:0250-43-3390