qrcode.png
http://tyutofukushikai.com/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 中東福祉会
〒959-1865
新潟県五泉市本町6-7-7
TEL:0250-47-4500
FAX:0250-43-3390
131856
 

いずみの里園長ブログ

 
フォーム
 
勢いよく進んでいこう!
2020-09-18
いよいよ収穫、そして来週からは出荷…自然は待ってくれません、農家の皆さんを尊敬します。後ろは見ずに、ひたすら前を向いて、勢いよく進んでいこうと思います。
 
そしてこんな時、がぜんパワーを発揮してくれるのがI次長です。勘のいい彼女の指揮に従っていこうと思います…ハッと気がつくと、ゴールしていると思います。
 
皆さんのヤル気、底力に感謝です。
 
 
 
 
新型コロナウイルス感染症予防・対応
2020-09-15
やってきてほしくないですが…備えています。
 
いずみ郷で4回に分けて、予防や対応について学びました。最後はグループに分かれて演習です。写真三枚目のグループは、経験豊富なH援助員が丁寧に分かりやすく若い職員に教えていていました…彼が入職してきた14年前を思い出して、ちょっと感動しました。
 
主になって準備してくれた第二いずみの里の皆さん、資料もすごく分かりやすかったです。ありがとうございました。
 
 
 
 
Siriもびっくりな園内研修!?
2020-08-20
今日から密を避け、3回に分けての園内研修『接遇』…接遇の研修はやってみると分かるのですが、実はとても難しいテーマです。
 
講師はもう中堅のT支援員とまだまだ若手のK援助員、おぉフレッシュ!…期待半分&心配半分で出席しました。
 
まだ2回あるのでネタバレはしませんが…笑いあり、感動あり、腑に落ちるところがたくさんで、おかげで今日は、いや今日もとてもおいしいビールが飲めることになりました!
 
途中皆さんが参加するコーナーがあったのですが、何でしょうこの盛り上がり…みんなでこの研修を盛り上げようという気持ちかな、講師二人のお人柄とあうんのチームワークに感謝します。最後はH援助員のSiriまで反応しちゃって「持ってるなぁ~」ってところも感心しました。
 
指導役のH次長、ありがとうございました。
自分の体験をふまえて、あえての感想を伝えていただいたH援助員にも感謝!、ありがとうございました。
 
 
 
 
その調子、その調子!
2020-08-12
写真左/今日のいずみの里活動風景
環境を整え、関わり方を変え、皆さんしっかり席について、集中して作業やリハビリに取り組めるようになりました。作業やリハビリのメニューも増えいます。
 
写真右/対応が難しい方の支援について協議中
常々「この仕事は10度打席に立って、1度でもヒットが打てれば大成功、それを続けていくことが大切!」と伝えています。でも実際は9度打てないので、時に苦しいプロセスになることも…でも皆さん、今日も打席に立っています。
 
M係長を中心に、リーダーたちが現場を引っ張ってくれています…ありがとうございます。
その調子で大丈夫です、続けていこう!
 
 
 
 
敬意
2020-07-31
先日、新人職員さんが、支援に特別な技術を要するご利用者のマンツーマン対応を行っていました。
 
お互いに何かあったらどうしよう…ずっと平静を装いつつドキドキしていました(いや、こらえきれず何人かの先輩職員たちにこそっと声を掛けてしまいました;)
 
無事に対応を終えたので、こりゃ労ってあげないと…夜さりげな~く声を掛けました(いや、かなり意図的にここぞというタイミングで声を掛けました;)
 
あれこれ会話を交わした後「だんだんと〇〇さん対応が上手くなっているけど、どんなところを工夫しているの?」と聞くと「たぶんラポールができてきたんだと思います」とのこと。「そうかラポールね、とてもいいと思うよ」と笑顔でサムズアップしました(…って超感動じゃん!、新人だよ新人、今日〇〇さん対応3回目だって、ずーっとラポールの形成を意識してやっていたってすごくない??)
 
その日の帰り道、うれしくていつもよりちょい高めの日本酒を買って帰りました(いいね、中東福祉会…新人さんたちに敬意を表して乾杯!)
 
 
 
 
園内研修
2020-07-31
写真左から、Wリーダーが企画したミニ園内研修(毎日20分程度で数名参加の研修を1週間、今回のテーマは車椅子操作)、K栄養士による感染症予防研修、M主任&T看護師による応急処置・救急対応…講師の皆さん、参加された皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。
 
学校で成績を上げたかったら…、野球選手になりたかったら…、人気の美容師さんになりたかったら…
 
昨年度、回数を増やして頑張った園内研修シリーズですが、延べ参加人数を職員数で割り返すと、菅名の里・まおろしの郷グループさんは我々の1.5倍、うずらはしさんは1.8倍でした。やっぱすごいなぁ…
 
立派な福祉の職員になりたいのなら…
 
成長は自学のプロセスです。職員一人ひとりにそのキッカケが訪れるように、たくさん機会を用意してあげたいなと思います。
 
 
 
 
おじさんたちの愛情
2020-07-08
ま~まぁファームでは、今年度から新たな支援をはじめています。
 
農業の経験がある就労継続B型のご利用者には一人ひと畝(うね)、農業初心者である自立訓練事業のご利用者には二人でひと畝、それぞれサツマイモを育ててもらっています。責任感を養いながら、畝立て→苗植え→育成・栽培→収穫→選別→箱詰め、そして最後は販売までを体験してもらい、農業と経済・流通を学んでもらおうという取り組みです。
 
今年度は、ここ何年も頭を悩ませた害獣被害からついにサツマイモを撤退、『贈答用里芋』へ切り替えを行いました。しかしながら里芋栽培は我々職員にとってもチャレンジが多く、支援と工賃のバランスが難しいところ、余裕をもって100%支援には組み込めません。そこで協議を重ね、私たちがバツグンのノウハウ持つサツマイモでもってこの支援を行うことになりました。なので再びちょっとだけ害獣と戦います…
 
(絶対あいつらにいい笑顔を!) ←不適切な表現ですみません;
 
おじさんたちは基本テレ屋さんで多くを語りません、でもひしひしと伝わります。雨の日も暑い日も、段取りと準備をし、予め危険を排除し、支援して、片付けて、ご利用者が帰った後は最後のフォローを行って…ご利用者の笑顔を願い、ご利用者の活躍に親御さんが喜ぶ姿を想いながら寡黙に地道な作業を続けます。
 
なかなか高いハードルですが、皆さんの喜ぶ姿を見てフッと顔を緩めるおじさんたちの姿を!?楽しみにしています。
 
 
 
 
 
 
 
発達障害の支援
2020-07-01
入所施設ではないことから、強度行動障害支援者養成研修になかなか出席できなかったセンターいずみ…園内研修を重ね、人事交流も行い、今ではスピード感をもって支援力を高めています。
 
発達障害をお持ちの方の中には、目から入る光や情報の量、耳から入る音の数や大きさ、情報の量など、なかなかコントロールが難しい方がおられます。そのような方々には落ち着いて過ごせる環境が必要になってきます。
 
いらなくなったダンボールを活用し、試行を重ね、ようやく支援が形になってきたので、ここは財布の紐を緩めます(普段節約にうるさいのですが、ここぞという時は投資します!)。といっても手作りなので超安上がり…G支援員に頑張ってもらい、3つのスペースを提供できるようになりました(さすがG支援員、カン良く作業を進めていました)
 
手作りの支援メニューや支援道具は、その作成のプロセスに意味があります。出来上がったものは、愛着があるので大切に使いますし、このあとご利用者個々に合わせた改造や応用が可能になってきます。
 
ご利用者さんも、興味津々「まだ?、できたらぼくが使うの?」と楽しみにしていました。
 
*左の水色ポロシャツはあのK主任!?…広報に使えるかもと撮影。今年は広報紙もリニューアル予定です。
 
 
 
 
 
新型コロナウイルス感染防止対策推進協力謝礼金
2020-06-30
『ありがとう』と気づいて、言葉にして伝えることは、とても大切です。
そして時と場合によっては、それが目に見える形にも…
 
ちゃんと見てもらっている、という安心感が現場に伝わります。
心配する職員の家族にも、伝わります。
 
法人のご判断に、感謝いたします。
ありがとうございます。
 
 
 
 
実践の年
2020-06-23
昨年はレクチャーの年、今年は実践の年…変化は確実に表れています!
いいね!、ナイス!、その調子!!
 
 
 
1
<<社会福祉法人 中東福祉会>> 〒959-1865 新潟県五泉市本町6-7-7 TEL:0250-47-4500 FAX:0250-43-3390