本文へ移動

満日の里・まんにち・なでしこ

満 日 の 里 へようこそ

満日の里 正面

癒しの福祉ゾーン

  障害者支援施設「 満日の里 」
(併設 自立支援センターまんにち、共同生活援助なでしこ)
 
 満日の里は、新潟市秋葉区(旧新津市)の七日町地域の「癒しの福祉ゾーン」内に平成12年4月に開設しました。
  癒しの福祉ゾーンには満日の里のほか、特別養護老人ホーム、障害者就労施設、B&G海洋センター(体育館・プール)、新津地区グリーンセンター(研修・調理施設、果樹栽培)等の福祉関連施設が「癒しの里連絡協議会」を組織し、周囲を田畑に囲まれた自然豊かな環境の中で
互いに連携を図りながら福祉サービスを提供しています。

障害者支援施設 満日の里  ( 施設入所、生活介護、短期入所、日中一時 )

満日の里は新潟市の東南地域における障害者福祉の拠点施設として、以下のサービスを提供し、利用者・家族・地域・関係機関・関連事業者等と連携し個人としての尊厳にふさわしい利用者本位の個別支援に努めています。
 
 施設入所支援(定員50人)
 生活介護支援(定員60人)
 短期入所支援(定員5人)
 日中一時支援 等
 
 ※ 施設見学等をご希望の方は、下記問い合わせ先へご連絡ください。
また、ボランティアを随時募集しておりますお問い合わせをお待ちしております。
  当施設では、生活支援員、看護師、栄養士等が連携して障害を持つ方に対して夜間から早朝にかけて施設入所支援を提供するとともに、日中は生活介護などの日中活動系サービスを行っています。 
 
  サービス管理責任者は相談支援専門員が作成した総合的な援助方針や課題などを明確にしたサービス等利用計画を基本に、障害により支援や介護を必要とする利用者個別の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえた計画を作成し、これに基づき、利用者に対して生活介護・施設入所支援サービス及び創作活動や機能訓練、行事、地域交流などの支援を提供しています。

  また、併設の短期入所では、居宅において障害がある方へ介護を行う方の疾病等の理由により、利用者の身体その他の状況の応じた介護等の必要な支援を適切かつ効果的に行います。

新潟市強度行動障がい者支援職員育成事業

平成27年度新潟市強度行動障がい者育成事業補助金を受けて「新潟市強度行動障害者(児)支援実地研修」に職員を派遣し全過程を終了しました。
引き続き障害支援サービスにおける強度行動障がい者への理解と適切な支援の提供に努めてまいります。

平成28年4月1日
「新潟市障がいのある人もない人も共に生きるまちづくり条例」施行
全ての市民が、障がいや障がいのある人に対する理解を深め、話し合いにより互いの立場を理解することで、誰もが安心して暮らせる新潟市づくりを進めます。

共同生活援助 なでしこ

なでしこ
いろは
やすらぎ
ひなげし

地域で少人数の共同生活を支援するサービスです

共同生活援助 なでしこでは、主に夜間において、およそ4~5名で共同生活を営む住居で、 地域において共同生活を営むことに支障のない障害のある方に対し、支援を行っています。
 
サービス管理責任者、生活支援員、世話人等が連携し生活相談、入浴・排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上の援助やお世話を行います。
 
このサービスでは、孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定とともに、何よりも個性的で自分らしい自由な暮らしの実現を重点目標として取り組みます。

※平成26年4月から共同生活介護(ケアホーム)は、共同生活援助(グループホーム)へ一元化されました。

自立支援センター まんにち (計画相談)

 ◎ 地域での生活を支えます  計画相談

  指定特定相談支援事業者 自立支援センター まんにちでは、障害特性や障害者(児)の療育、生活実態に関する豊富な知識と実務経験を持った3人の相談支援専門員を配置しています。
  相談支援専門員は、障害がある方の相談に応じ、助言や連絡調整等の必要な支援を行うほか、サービス利用計画の作成を行います。
 
  相談にかかる費用は無料です。秘密は固く守られますので、お一人で悩まずお気軽にご相談ください
(障害者手帳の有無、障害の種別は問いません)
 
自立支援センターまんにち
0250 - 47-3022(直通)

新潟市障がい者基幹相談支援センター 秋葉

  新潟市障がい者基幹相談支援センター秋葉は、
新潟市からの委託により市内3区(秋葉区、江南区、南区)を担当エリアとして、新潟市秋葉区役所2階26番窓口で業務を行っています。
 
 センターの運営は構成区内の3法人(中東福祉会、中蒲原福祉会、白蓮福祉会)から相談員支援専門員が出向き、中東福祉会が代表法人となってコンソーシアム方式で運営しています。
 
 障害種別は問わず、相談方法は来所、訪問、電話等で行っていますので、
お気軽にご相談ください。相談に係る費用は無料です。秘密は固く守られます。
 
 TEL 0250 - 25-5661(直通)
 
[主な業務] ・総合的・専門的な相談支援 ・地域の相談支援体制の強化
      ・地域移行・地域定着の促進 ・権利擁護 ・虐待の防止 
 ・障がい児等療育支援 ・差別禁止に向けた啓発及び相談窓口 その他
 

満日の里 スタッフブログ

 
○ 次長のここでも きまぐれブログ
 満日の里の取り組み、職員のがんばりなどを次長が気まぐれに紹介します。
 
 スタッフブログ  満日の里 だらけ  
 利用者様の日常や行事などを職員が発信します。
 
 
   ※ 利用者の写真掲載については、ご家族、身元引受人様から同意を頂いております。

指 針 ・ 方 針 ・ その他資料

虐待防止指針

介護事故等発生防止のための基本指針

個人情報の取り扱い・利用目的について

身体拘束等行動制限についての取り扱い要項

支援区分別サービス・移動支援/就労支援体系

苦情相談窓口のご案内

苦情・相談窓口について

 
苦情解決責任者   満日の里園長   小林 泰訓
苦情受付担当者   満日の里次長   上杉 暁子
 
 
社会福祉法人中東福祉会 苦情解決第三者委員
 
西川 和明  TEL  0250 - 47 - 2652
高橋 三和子 TEL  0250 - 22 - 1562
 
 
その他、苦情は市町村等に対しても申し立てることが出来ます。
 
新潟市福祉部障がい福祉課                  TEL   025 - 226 - 1241
新潟市秋葉区健康福祉課障がい福祉係     TEL 0250 - 25 - 5682
新潟県福祉サービス運営適正化委員会   TEL   025 - 281 - 5609

苦情解決の流れ

満日の里・まんにち・なでしこでは寄せられた苦情について、苦情解決対応フローチャートに沿って解決いたします。

満日の里 アクセス

新潟市秋葉区七日町6086番地

 国道460号線(新津浄化センター付近)の道路標識に、癒しの福祉ゾーンの案内表示があります。

お問い合わせ

 
〒956-0802 新潟県 新潟市 秋葉区 七日町 6086番地
 
障害者支援施設 満日の里  共同生活援助 なでしこ  自立支援センター まんにち
 
TEL 0250-25-3340 FAX 0250-25-3339  
 
 
自立支援センター まんにち(計画相談 直通)
 
TEL 0250-47-3022

TOPへ戻る